ウィッグは暑い?

やっぱりウィッグをかぶると何もつけてない状態よりは暑いです。
特にフルウィッグは帽子をスッポリかぶっているようなものなので、真夏などは多少の暑さの覚悟が必要でしょう。
ただしウィッグによって暑さにも違いがあります。
通気性のよいものであれば、日除け帽子をかぶっているような感覚で使うことができますよ。
紫外線を避けるためにも有効的ですね。
また、ロングのウィッグであればアップにまとめるだけでもだいぶ違います。
毛の量が多いウィッグであれば梳いてあげると多少涼しくなりますよ。
一日中かぶる時は、化粧直しと同じように「ウィッグ直し」をすると良いですね。

 

ウィッグはズレる?

たまに電車などでかつらがズレてるおじさんを見かけたりします。
本人が気付いていないところが余計哀しみを誘いますよね・・・。
さて、ファッションウィッグであってもズレることがあります。
いつの間にかズレてた!なんてことにならないようにしっかりとかぶりましょう!

 

意外と大切なのが土台をしっかりと作ることです。
土台というのは自毛をまとめてかぶったネットのことです。
ここで自毛とネットをしっかりとピンでとめておくことが大切です。
その上でウィッグとネットをピンでとめることで、長時間つけていてもズレにくくなります。
またロングなどはより重さが増しますので、ピンの本数を増やしてしっかりと固定しておきましょう。
きちんととめてあれば、ウィッグでジェットコースターに乗っても大丈夫ですよ!