むかしから「かつら」はありますが、当時は、すぐに「かつら」だと分かったものです。でも、開発が進んでいまやかつらは地毛と変わらないくらいに進化してきています。

 

テレビのコマーシャルでもメンズ用の「かつら」の宣伝をみますが、出来栄えは、びっくりするくらい、地毛に近いものがあります。

 

一方、若者がファッションで利用するウィッグも、このところ利用者が増えているようです。
メンズ用のウィッグの場合、v系が人気のようですが、カラーやヘアデザインなどかなりの種類があるので、豊富なスタイルを選べるようです。

 

でも、気になるのがどれくらい自然に見せられるかということにつきると思います。

 

あくまでもウィッグなので、地毛のようにはスタイリングできない?!と思いきや、ちょっとした、コツさえつかめば、不自然にはならないのです。

 

コツは、ふさふさ感を出すことです。かぶる前に2、3回ウィッグを振って髪の間に空気を入れるようにします。
そうすることで、ナチュラルな雰囲気を出すことができます。
もっとも、ワックスで固めたウルフスタイルなどの場合は、べつですが。

 

それから、おじさんたちの「かつら」の場合にも同じことが言えます。のりで固めたようなカチンカチンの髪型は、いかにも「かつら」です!と言っているのと同じことです。

 

自然な髪型に見せるには、決まり過ぎないのがベストでは?!と思います。

 

ウィッグを通販で購入するか、「かつら」専門店に注文するかは、あなたの用途次第ですが、いろいろ試してみるのもいいかもしれません。